【岡田正昭/室内オペラシリーズ】第7弾『パンドラの匣』

【岡田正昭/室内オペラシリーズ】第7弾『パンドラの匣』

岡田正昭・室内オペラの第7弾『パンドラの匣』が、2018年1月8日「ニューイヤーコンサート」(第二部)で演じられました。

是非、ご覧ください。

室内オペラ『パンドラの匣』
  
  作曲:岡田正昭
  台本:岩原陽子

  ソプラノ:紙谷一帆
  メゾソプラノ:堀口莉絵
  ピアノ:野村友佳

《見どころ》
ギリシャ神話、全能の神ゼウスにより作られた最初の女性パンドラ
さまざまな神から美貌や知恵を与えられたパンドラはやがて、「決して開けてはいけない」とゼウスから言い渡された禁断の匣を開けてしまうー

最新情報をチェックしよう!
>音楽で心豊かな生活を!「ピアチェーレ」が発信し続けます

音楽で心豊かな生活を!「ピアチェーレ」が発信し続けます

「ピアチェーレ」には、イタリア語でいろいろな意味があります。「好まれる、気に入られる」「喜び、楽しみ、好 み」というような意味の言葉で、「初めまして」という挨拶の言葉でもあります。また、音楽用語としては「演奏者の自由に」という意味もあります。それらの意味をひっくるめて『ピアチェーレ(Piacere Music Management)』は、素敵な音楽を発信し続けます。

CTR IMG